塗料の知識 「水性」「油性」 メリット・デメリット

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

ペイントラインの最高の塗料を紹介していますが、塗料について少し説明してみます!

塗料にもたくさん種類があって、正直何がいいのかわからない。専門家でないとわからない部分がたくさんあります。
まず成分で異なる塗料の種類を紹介します。

塗料は基本的に「顔料」「樹脂」「添加剤」「溶剤」で構成されています。
その中の「溶剤」が水性か油性かによって性能、特徴が変わります。

まず水性塗料

人と環境にやさしい塗料ですが性能がやや見劣りします。
水性塗料とは水を溶剤としており、臭いや引火性が少ないのが特徴。人や環境にやさしい塗料として近年多く採用されています。ただ耐候性が低く、汚れが付着しやすいデメリットがあります。
使用方法は水で希釈して、塗料を塗りやすくしています。

次に油性塗料

油性塗料はシンナーを溶剤とした塗料で、耐久性と密着性に優れていますが臭いの強さや乾燥時間の長さ、ひび割れの入りやすさなどが短所。使用する場所を見極めて、慎重に扱う必要があります。わかりやすく言えば耐久性が高く、塗料の密着がいいのですが、デメリットとしては値段が高い、においがきつい、保管が難しいなどです。
使用方法は弱溶剤の場合、溶解力の弱いシンナーを使用そ、強溶剤の場合、溶解力の強いシンナーを使用します。シンナーで希釈させ、塗料を塗りやすくしています。

どちらもメリットデメリットがあるので塗料のことをよく把握して塗装を相談しましょう!

 

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
ペイントスタジオ上尾のお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材