塗料の知識 「成分と劣化」顔料・樹脂・溶剤・添加剤 チョーキング

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

さて、今日も引き続き塗料を掘り起こしてみますね!

塗料を構成する4つの成分ですが配分量の違いで耐久性も変化します。塗料は「顔料」「樹脂」「添加剤」「溶剤」の4つの成分で構成されています。この4つが絡みあうことで。家や紫外線を守る「塗膜」になります。

顔料
それ自体が色を持つ粉末固体で、主に塗料の色彩などを形作る成分。顔料そのものが私たちの目に塗膜として見えています。

樹脂
よく聞きますね!樹脂。塗料の主成分である顔料だけでは塗膜として機能しないため、樹脂は顔料を膜として強固に密着させる働きを持ちます。また樹脂の種類によって耐久性や性能も決まります。

溶剤
シンナーや水などを樹脂を溶かしたり、薄めたりするための透明な液体。塗料を適正な粘土に調整したり、塗面の仕上がりをよくするために使用します。

添加剤
防藻、防カビ、低汚染、抗菌など塗料の機能を向上させる補助薬品。塗装の目的とする機能や用途に応じて、必要な添加剤を少量だけ混ぜ合わせます。

成分の配合量の違いや、価格で耐久性も変化します。一般的に樹脂が多い塗料ほど高価になります。しかしその分だけ耐久性が高くなるんです。

そして劣化を引き起こす最大の原因は太陽光の紫外線。 紫外線は塗料を塗った表面の0.1ミリ程度まで浸透し劣化させます。塗料が劣化すると顔料を結合している樹脂層も劣化し、顔料の離脱が生じます。この現象をチョーキングというんですね!壁を触ると手が白くなった!ということはありませんか?これがチョーキング現象です。

実際、どうしても劣化は避けられないんですね・・・。
その際にどういった塗料をこの4つの成分で構成されているものを、選んでいくかということがポイントになります。

 

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
ペイントスタジオ上尾のお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材