塗料の知識 「アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素」

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

さて、引き続き塗料の知識です。
塗料にはいろんな種類があります。

大きな4つの分類で、簡単に説明してみます。

「アクリル塗料」

低価格で重ね塗りができるため、短いサイクルで様々な色に塗り替えることが可能。ただし、耐久年数が5~6年と短く、クラックが生じやすいこともあり塗装後もこまめなメンテナンスが必要。
低価格ですが、ひび割れしやすく、すぐに色あせしてしまう。耐久性は求めず、とにかく価格重視で家のイメージを何度も変えたい方はお勧めかもしれません。

「ウレタン塗料」

アクリル塗料より防水性と耐久性に優れ、価格や性能を考えるとバランスのいい塗料。塗膜が柔らかく仕上がる為、あらゆる素地に多用される。耐久年数は7~10年程度。艶のある仕上がり。アクリル塗料よりは光沢が持続。価格は低価格ですが耐久性、防汚性、紫外線の強さにおいては他の塗料よりはやや劣る。

「シリコン塗料」

品質に対する価格の手頃さが大きな魅力で、機能性や価格から言えばコストパフォーマンスもよく、住宅にかかるトータルのライフサイクルコストを大きく削減できる。そのため変わらず人気も高い。1液型や2液型など多種多様。艶のある仕上がりで、塗膜に光沢があり、比較的長く光沢が続きます。

「フッ素塗料」

ガラス性塗料の寿命は非常に長く、耐候性も他の塗料に比べて抜群。航空宇宙産業機器に使用されるくらいの耐熱性・耐寒性に加え、低摩擦性や不燃性など数多くの機能をもつ一方、非常に高価格。値段が高いが光沢感があり、防汚性も高い。塗装後の美しさが長続きする。

結局どの塗料を使うかは個人差になってくるということですね!
技術開発に伴って、塗料にも続々と高性能の製品が登場し、価格も性能も多彩なためどれを選んでいいかわからないという方も多いです。なので、各塗料の特徴やメリットデメリットをしっかり考えて適切なものを選ぶのが一番です!

 

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
ペイントスタジオ上尾のお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材