2020年2月

上尾市にて外壁塗装 ポスト塗装

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

ポストの塗装です!

見て下さい。

 

普通のよく見るご家庭のポストです。

ポストの色が落ちてきているので一緒に塗ってほしいとお願いがありました。

もちろん塗ります!

しかしポストの場合は鉄なので、ただ塗るだけではなくしっかりケレン作業を行います。

 

 

汚れを落とすのはもちろん、密着性をよくするためです。このケレン作業がしっかりしていないと結局すぐはがれてしまったり

塗った意味がなくなってしまいます。

しっかりケレン作業をした後、中塗り、上塗りと重ねていきます。

 

 

まるで新品のようにツヤツヤになりました!

外壁だけではなく、どうせなら目に見えて気になるところを綺麗にしましょう。

お客様も喜んでくださいました。

 

ありがとうございます!

さいたま市北区にて外壁塗装 高圧洗浄です

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

新しい現場が始まりました!

さいたま市北区にて外壁・屋根塗装です。

丁寧に高圧洗浄をかけていきます。

屋根表面に付いた汚れや、塗料は強力に屋根表面に付着しています。

高圧洗浄と言っても、屋根瓦を一枚一枚、洗剤などを利用して洗い流すことはありません。

現在、屋根表面の汚れや、塗料は高圧洗浄機で洗浄するのが一般的で、
高圧洗浄機は業務用と家庭用があります。
業務用の高圧洗浄機は吐出水量や水圧が家庭用のものとは全く異なって強いパワーを発揮してくれます。。当社ではサービスで他に気になる部分も一緒に高圧洗浄させていただいています!

 

お気軽に相談してくださいね!

今日は外壁・玄関、外塀も綺麗に洗います!

 


鴻巣市にて外壁塗装 屋根の棟板金 シーリング完了です!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

鴻巣市のお客様宅にて外壁・屋根塗装です。

屋根塗装の前に、棟板金補修、シーリング補修をしました。

完成です☺

 

 

屋根棟板金とは、屋根と屋根の面が合わさる山状の部分(角)を接合する板金のことです。

板金は、カラーベストやコロニアルなどのスレート系屋根を留める際に使われ、

屋根と屋根の面が合わさる山状の接合部分を板金で覆うことで、屋根を保護し、雨水の侵入を防ぐ役割をしています。

屋根の形状にもよりますが、屋根の頂上にあるのが大棟、その端から四隅に対角状に伸びているのが隅棟と言うため

板金は棟板金と呼ばれることが多いです。

棟は屋根の最も高い場所にあるため強風の影響を受けたり、段確認できない場所なので知らないうちに板金が飛んでしまうことがあります。

板金が浮いたり飛んだりすると、その下にある貫板がむき出しになり、雨水が屋根や家の中に入り込んでしまい、雨漏りを起こす原因にもなりかねません。

今回は板金の板金のつなぎ目と釘あたまにシーリングを打ちました。

 

さてこれから塗装に入ります!

桶川市にて外壁塗装 サイディングの下塗り中です!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

桶川市のお客様宅にて外壁塗装中です。

壁の下塗り中です。

サイディングとは壁の種類のことですが、近年はとても多い外壁材です。

 

 

窯業系サイディングとは、セメント質と繊維質を主な原料にして、板状に形成したもののことで、モルタルに比べて工期が短く、柄や色などのバリエーションが豊富なことから、窯業系外壁材が主流になっています。

現在では、新築戸建ての10棟に7棟の外壁材が窯業系サイディングのようです。

サイディングの耐用年数はおよそ7〜8年です。

サイディングの基材は吸水性があり、防水機能は塗膜によって補っているため、塗膜の劣化を放置すると雨などの影響により建物の構造に大きな影響を与えることがあります。

そのため7〜8年を目安に塗装等の修繕が必要なのです。

サイディングの症状の具体例としては、シーリングの劣化、サイディングボードの反り、チョーキング(触ると白い粉がつく状態。これは防水効果が切れたサイン)ヒビ割れや剥がれなど目に見えて出てきます。

 

 

さて綺麗に仕上がりました!

続いて中塗り上塗りに移ります!

上尾市にて外壁塗装 雨樋塗装です

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

上尾市にて順調に外壁塗装が進んでいます。

今日は雨樋塗装の様子です。

 

 

 

身近な雨樋ですが、役割としては、屋根に落ちた雨水は屋根の傾斜にそって下方へ流れます。

普通であれば軒先から地面へ落下することになりますが、それだと壁や家の土台を濡らしてしまうため、

軒下で雨水を受け止め、それを排水口まで適切に誘導する通路が必要になるわけです。

雨樋自体の耐用年数は高いですが、時に割れ、外れ、色のされ等劣化はやはり出てきます。

 

外壁塗装と同じくして一緒に塗ることが多いのですが

まるで新品のように美しくなります。

当社で行っているカラーシュミレーションでは外壁だけではなく雨樋等のシュミレーションもできるので

もし色味をこんな風にしたいというのがあればご相談は大歓迎です!

上尾市にて屋根塗装 下塗り完了です!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

とてもいお天気の中、屋根の下塗りが完了しました!

 

 

真っ白ですね!今回は最高級塗料ペイントラインシリーズのサーモテックハイブリッドガードSIという専用の下塗り剤を使用しています。

トップコート同様の遮熱効果があり、機能性に加え耐候性と付着性に優れています。そして特殊変性した樹脂により、無黄変であり施工後の変色などありません。柔軟性と強靭さを併せ持ち、下地の複雑な動きに追従します。弱溶剤であるため、幅広い用途に適合します。

 

外壁の素材は窯業系・金属サイディング、屋根はコロニアル、カラーベスト、スレート、セメント瓦などに対応しています。

このサーモテックハイブリッドガードSiという下地はプレミアム・Sグレードスタンダードラインをトップコートとして用い、外壁用素材、屋根用素材の改修用プライマーとするための、2液常温反応硬化剤の弱溶性シリコン樹脂プライマーとして開発されました。

 

シリコン樹脂プライマーは、柔軟性と強靭さを併せ持ち、下地の複雑な動きにも追従します。

またトップコートで用いる常温架橋システムを取り入れたことにより、耐候性と遮熱性を有するプライマーです。

 

そして、弱溶性タイプのため下地塗膜に幅広く適合し扱いやすく、環境にも優しい塗料です。

 

さて、中塗り、上塗り、仕上げていきましょう!

 

上尾市にて外壁塗装 シーリング工事 マスキング完了です

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

上尾市にて外壁塗装です。

これからシーリング工事に入ります。

これはマスキングの様子です。

まず先にあるシーリングを撤去した後シーリングを充填していく前に

マスキング作業を行います。

この青いテープがマスキングテープです。

そのままシールの充填、ならしをすると、外壁にもシールがついてしまうため、
目地の周りに養生を施します。ここを丁寧にするのがポイントです。

 

せっかくの外壁が綺麗になっても目地が汚いと台無しです。

一つ一つ丁寧に仕上げていきます。

 

 

 

北本市にて外壁塗装 上塗り中です!マナーの徹底

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

北本市にて外壁塗装です!上塗り中です

完成が近付いてきました!

 

よくお客様に工事中にお茶を出していただいたり

飲み物を頂くことがあります。

基本的には全て何もしなくても大丈夫ですとお伝えしていますが

お気持ちは本当に嬉しいです。いつもありがとうございます。

 

たまにお食事までいただくことがあり、ついつい仕事とは別に長居をしてしまいます。

ただお仕事で平日全くいらっしゃらなかったり、在宅されていないから何もできなくてごめんね、とわざわざ申してくださるお客様もいて

逆にお気遣いに心より感謝します。

 

当社は基本的にはお客様にご負担、ご迷惑のかからないよう心がけております。

もちろん他のマナーの徹底等もそうですが、たばこの吸い殻、ごみ、清掃に関しても最新の注意を払っております。

皆様に安心で気持ちのいい工事をお届けしたいと思っております。

 

 

 

鴻巣市にて外壁塗装 外壁の割れ

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

鴻巣市にて外壁塗装です。

こんな外壁の割れがあります。

 

なにかぶつけてしまったり、衝撃で穴が開いたりしてしまうことがあります。

ひどいときは知らない人にぶつけられてしまっていていつの間にか穴や傷が出来ていたり。

自然な劣化のクラック等とは違い、困りますよね。

外壁塗装の前にしっかりこれれ外壁の補修を行います。

 

割れやヒビの程度によっていろいろはやり方が違いますが

ある程度綺麗に治ります。

今回はモルタルで補修をします。上手に綺麗に穴を埋めます!

 

桶川市にて現地調査 トタン屋根のチェック

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

桶川市にて現地調査です。
今日はトタン屋根(金属系の銅板)のお客様です。

さびにくい金属として古くから使われている、最も安くて経済的な屋根材になります。

そして勾配が緩い屋根に使われていることが多いです。ただ昔から使用されていた亜鉛メッキ銅板の場合は特に入念に錆や腐食を、穴のチェックをしなくてはいけません。

ここ最近は耐候性のあるガルバニウムなどが用いられています。

 

屋根の勾配が緩いと雨漏りが侵入するリスクが高くなります。

瓦棒式にして雨水を流れやすくしていますが最近は瓦棒がない「立平」も増えています。

 

今回は剥がれ、劣化が目立ちます。

綺麗にしましょう!

 

 

 

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
ペイントスタジオ上尾のお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材