塗装の知識 外壁の修繕時期 外壁の資材は知ってますか?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

外壁の塗装のタイミングはいつ?と思われる方はたくさんいらっしゃいます。だいたい10年くらいで、そろそろかな、と動かれる方が多いです。目に見えて傷みが見えてきたりして相談からリフォームの話になることもあります。

外壁の資材は種類が豊富です。まずは家の外壁に使用されている素材の性質を理解することから始めましょう。

窯業系サイディングボード 塗装目安 7~8年

現在主流になっていることが多い材質です。セメント質と繊維質を主な原料として板状に形成した素材で。タイル目、レンガ調などデザインが豊富です。基材には吸水性があり、防水機能は塗膜に頼っているため、塗膜の劣化を放置すると建物の構造にダメージを与える可能性もあります。

モルタル 塗装目安10~15年

セメントと石灰や砂を混ぜて水で練った素材。施工が容易でコストが安いため、新築時の最もポピュラーな吹き付け仕上げ材として使用されていた。強度が強く耐火性に優れるが、防水性能が低くなると急激に劣化が進み、ヒビ割れが発生します。

ALC 塗装目安 10~15年

コンクリートの軽量気泡化した外壁材。断熱性、耐火性、耐久性に優れ、マンションなど多くに見られる。塗装が劣化したままだと防水性が乏しいため、内部からボロボロになります。手遅れになると下地補修からの復旧が必要となるので早めの再塗装が重要。

大きい三つの外壁資材です。
外壁の種類によって、出てくる症状や、状況は違ってきます。あとはしっかりリフォームのプロに点検してもらって診断をしてもらいましょう。できるだけ一緒に確認して、気になっている部分をつたえましょう。その他の外壁材等もご紹介していきますね。





 

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
ペイントスタジオ上尾のお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材