ディアライフブログ

ベランダ塗装工事 防水施工  ウレタン塗装 その3

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

さていよいよウレタンを塗布していきます。
ウレタン塗膜を塗って行きます。

ウレタン塗膜防水材は、紫外線に弱い為、ウレタン塗膜防水材の上からトップコート(保護材)を塗布していきます。


さて完了です!


ツヤツヤのピカピカに仕上がりました!

ウレタン塗膜防水に関しては当社は自信を持って提供しております。
10年の保証もおつけてしております。

洗濯物等干すときも気持ちよくベランダに出ていただけます☺

いつでもご相談くださいね!




ベランダ塗装工事 防水施工  ウレタン塗装 その2

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは!ウレタン塗装の続きをご紹介します!

今回の工事はウレタン密着工法です。
液体のウレタン塗膜防水材を塗布することによって、防水層を形成します。下地の形成にあわせやすく、密着性に優れています。防水層が軽量なため、場所を問わず、施工ができます。

アセトンで清掃していきます。
下地を綺麗にしていきます。


次にプライマーを塗布して行きます。

プライマーは接着剤のような役割をしています。
隅々まで綺麗に。

さてウレタンを塗って行きます。

続く

ディアライフ 高圧洗浄頑張ってます。

おはようございます!昨日はすごい雨でしたね。

そんな雨の中当社自慢の職人Sさんが一生懸命高圧洗浄をしてくれていました!



雨の中でも隅々まで丁寧に☺
いつもお客様のために頑張ってくれています!

しばらくいいお天気が続くようです!

よろしくお願いします。

~日本の家を守る~

松田 勇司

ベランダ塗装工事 防水施工  ウレタン塗装 その1

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

おはようございます。
今日は久しぶりにいい天気ですね。
今日から少し防水工事を取り上げてみます。

当社ではたくさんのベランダの工事に防水工事を取り入れています。
ベランダやバルコニーという場所は毎日洗濯物を干したり、入れたり、生活に欠かせない場所ですね。

そういうわけもあり、非常に痛みが出やすい場所にもなっています。
一言で言ってもベランダ部分も、使う塗料、施工方法によって持つ年数や、もちろん金額も変わってきます。

今日は当社で施工しましたウレタン防水について説明したいと思います。

ウレタン防水とは、安価で耐久性が高く、どんな形状の場所でも使用できるなどのメリットが多いことから、多く採用されている防水工事になります。液体状のウレタン樹脂を複数回塗ることで防水層を形成し、雨水の浸入を防ぎます!

防水工事の中では安価な上に、別の素材の防水材があってもそのまま上から重ね塗りもできるなどメリットが多いのです!さらに、5、6年ごとにトップコートを再塗装することで、長期間の持ちが期待できます。そして、液体状のため、屋上、ベランダ、バルコニー等どんな形状の場所にも使用できます。

短所としては、人の手で塗るため、完全に均一な膜厚にはならなかったり、乾燥に時間がかかるため、場所が使用できない時間が長いなど、そしてデザイン性がないということが挙げられますが、性能的に目立った短所はありません。万能ですね!

では施工事例をご紹介していきますね

まず下地をしっかり綺麗にします。
作業の基本ですが、大切な作業になります。

ここから見違えてきます。

続く

現場の安心 安全確認 ヘルメット

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは。昨日もすごい雨でしたね。そして寒くなってきました。
また変わらず台風や水害による被害で胸を痛めています。

まだ、床下浸水等もご相談を多くいただいてます。
一日も早い、復旧をお手伝いできたらと思っております。

今日はうちのヘルメットについてです。

ヘルメットは現場での着用が義務付けられております。現場によっていろいろな場合がありますが、頭部を保護する目的でヘルメットを着用するように定められています。

労働安全衛生規則では、労働者と使用者双方に義務を設けています。落下物の可能性がある状況や、自身が落下する恐れがある場所で作業する際、着帽指示を怠った使用者、着帽しなかった労働者それぞれが安全配慮義務違反となることがあるのです。

あとは当社の職人たちの安全が一番だと常日頃思っております。もし現場でケガをしたりしても、お客様側もとてもいやな気持になりますし、事故も起こらないとは限りません。

今はヘルメットも機能性が高く、遮熱性があったり、軽量化が進んだり、いいものがたくさん作られています。
当社は通気性、軽量化にこだわり、職人たちにいいものをかぶってもらっています。

現場での安心、安全を少しでも高めるために日々精進してまいります。



~日本の家を守る~

松田 勇司

台風被害について 皆さん大丈夫でしたか?

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

おはようございます。
松田です。
今回異常な、大きい台風が上陸しました。

当社も土曜日は稼働を中止し、社員一同安全に努めるように指示を出しました。
もちろん施工中の現場も同じです。

上陸してからこの3日でたくさんの浸水の情報が入っております。
御問合せで多いのは、さいたま市西区、桜区、川越市、桶川市など床下浸水がたくさんおこってしまったようです。
被害にあわれた方に心よりお悔やみ申し上げます。一日も早い日常生活を取り戻せるように少しでもお力になれるところはならせていただけたらな、と思います。

テレビや情報で見るよりも浸水という被害は重く、そのあとの処理も正直考えなれないほどのたくさんの手間と時間がかかります。

まだ埼玉県近隣の河川敷、低い土地などはたくさん水が残っており大変危険な状況です。まだまだ気を抜かずに注意をしていただきたいと思います。

いつでも少しのことでもご相談ください。



~日本の家を守る~
㈱ディアライフ 松田 勇司

雪止め設置工事 皆さんのおうちは大丈夫ですか? 埼玉県にて

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは!松田です。

今日はすっかり涼しくなっていますね。朝ちょっと寒い!と思ってしまいました。
なんだか毎日暑い暑いと言っていたのにこれから寒い寒いというようになるのかと思うと、季節が変わるのも早いなあとつくづく思います。

そういえば、少し早い話なのですが冬に向けて皆さんのおうちは雪止めを設置していますか?

雪止め設置の写真です。



雪止めとは、屋根に降り積もった雪が地面に落ちないように屋根に設置する装置のことで、最近は、積もることがなかった地域でも降り積もり、大騒ぎになることが増えましたね。雪も昔よりたくさん降って積もるようになって、慣れてなくて大変な思いをしました。
雪が降り積もる地域の方と比べると雪下ろしの経験が少ないので、そのまま放置してしまい、落雪による車やカーポートや家の破損、通行人への被害も増えたそうです。

雪止めは、新築時に設置されていないということが多くあります。雪国では考えられないことのようです。

「最初からつけてくれればよかったのに!」と思います!

東京中心に関東圏では雪が少ない地域ということで、新築時に雪止めの設置がなされないことが多いようです。また、南側は日当たりがいいからという理由も雪止めが設置されない原因としてあるようです。

「新築時に雪止めが付いていなかったんだけど、後付けってできるの?」という問い合わせもあります。屋根塗装の際に一緒に相談されることもあります。

雪止めにも種類がありますが、後付け可能となっています。大雪対策としてはこれからは欠かせないものになると思います。

そして、雪止めは、雪の落下を防ぐだけでなく、屋根のヘリについている雨樋破損の防止もしてくれます。

埼玉県はここ数年毎年大雪になることが増え、雪かきもかかせなくなってきました。

塗装と一緒でしたら、そんな多額の費用を掛けずに雪止めは設置することができるので、もし気になるようでしたら一度相談の方をしてくださいね。最近は台風の被害や、風雪被害が多くなってきました。

安心、安全は一番大切なところです。
冬に向けてしっかり備えましょう。



 

~日本の家を守る~

松田

リフォーム キャッシュレス 消費者還元事業対応しております。

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

皆さん10月になりましたね!
松田です。
今月も一所懸命お客様のために頑張りたいと思います。

今日からとうとう消費税が8%から10%に増税です。税金ばっかり増えて・・・といろいろ言いたくなります。

今回は経済産業が出しているキャッシュレス決裁について。
当社も対象店舗として認可が下りています。
よくテレビでもみかける消費者還元、リフォームでも使えるんです!





還元期間は2019年10月〜2020年6月です。 当社はペイペイや、コイニ―ペイ、各種クレジットカードも対応しております!
これは実際キャッシュレスでリフォーム料金を支払った場合、その金額の5%がお客様にポイント還元されるようです。すごくお得なお話ですね!


とても簡単にできるので、お問い合わせは私松田まで、お気軽に頂けたらと思います!



定期点検のお知らせ 

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

皆さんこんにちは!松田です。
少し秋らしくなってきましたね!

今日は当社で行っている定期点検のお知らせをしたいと思います。

当社は工事後定期点検を必ず伺う様にしています!
期間は1年・3年・5年・7年・10年です。

もちろん施工には品質と自信を持って取り組んでいますが、100%とは言えません。自分自身たちでも施工後の品質を確かめることも重要だと思っています。
そして、細目に定期点検を行うことで外壁の寿命を伸ばすことにもつながります。

最近は台風など風水害や風の影響なども多いです。そして立地などによっても変わってくるのですが
経年劣化ももちろんあります。
  • 経年劣化を遅らせたり、経年劣化が深刻になる前に補修することはとても重要なんです。

定期点検のサポートで外壁や屋根の耐久性を長持ちさせることは可能であり、そのためには外壁を塗装した後も適切なタイミングで点検する必要があるのです。

そして、外壁塗装の定期点検では、住んでいる人からは見えにくい部分も含めて外壁や屋根全体の塗装の状況をプロ目線で詳しくチェックします。問題があってもすぐ適切に処置することができます。

外壁に表れる劣化現象は、大きな問題に見えても外壁の保護力には影響のないものであったり、逆に大した問題ではないように見えても深刻な劣化を示すサインであったりすることもあるので、外壁塗装の点検では経験・知識の豊富なプロの判断が重要になるのです。

もちろん施工不良もないとは言えません。見つかった際には保証内であれば責任をもって対応させていただきます。

工事後も一人一人のお客様を大切に、その後もお付き合いしていきたいと常日頃思っております。またお客様に元気にしてる?と聞いていただけるもの私の喜びです!私もいつもお客様を思い出しております☺

塗装後でも心配なことが出来たり、細かな相談などでも、いつでもご連絡をお待ちしております!

~日本の家を守る~
松田 勇司




台風被害について 1日も早い復旧を

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは!松田です。

凄い台風がやってきて、至るところに爪痕を残していますね。
被災地を見ると本当に心が痛みます。

嘘のような風景に戸惑い、電気も水道も復旧せず生活にどれだけ支障が出ているか、考えるだけでも辛くなります。そんな中、本当に大変な環境で皆さん頑張っていらっしゃいます。

台風による自然災害が毎年多くなってきているような気がします。

今回、埼玉県でも多くの被害が出てたくさんのお問い合わせをいただいています。多いのがやはり屋根被害で、瓦が飛んだり、雨樋がゆがんだり、次々とご相談の電話を頂いています。順次対応しておりますのでお待たせしておりますお客様には大変申し訳ありません。

台風によって瓦が飛んでしまったり、屋根が破損して雨漏りしてしまった時、どうしようかと漠然と不安になってしまうことと思います、無理に登ったりせずしっかり専門家に見てもらう様にしてください。非常に危ないこともあります。私たち専門家でも気を付けています。

私たちディアライフにも身近にできることから、しっかりお客様を支えていきたいと思います。

台風被害でも悪徳業者が出まわったり、おかしな訪問販売があったりするので十分気を付けていただきたいと思います。

一日も早い生活ラインの復旧を心より願っています。

~日本の家を守る~

松田 勇司

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
ペイントスタジオ上尾のお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材