ディアライフブログ

北本市にて屋根塗装 下塗り中です

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

さて屋根塗装の様子です!

まず下塗りです!

今回は屋根の下塗り剤はサーモテックハイブリッドガードSIという
下塗り剤を使用します。

サーモテックハイブリッドガードSiとは
プレミアム・Sグレード・スタンダードラインをトップコートとして用い外壁用素材、屋根用素材の改修用プライマーとするための2液常温反応硬化形の弱溶性シリコン樹脂プライマーとして開発されました。
シリコン樹脂プライマーは、柔軟性と強靭さを併せ持ち下地の複雑な動きに追従します。
またトップコートで用いる常温架橋システムを取り入れたことにより、耐候性と遮熱性を有するプライマーです。
そして、弱溶性タイプのため下地塗膜に幅広く適合し扱いやすく、環境にも優しい塗料です。

 

サーモテックハイブリッドガードSiですが、
トップコート同様の遮熱効果があり、機能性に加え耐候性と付着性に優れています。特殊変形した樹脂により、無黄変であり施工後の変色などありません。
柔軟性と強靭さを併せ持ち、下地の複雑な動きに追従します。そしてなにより弱溶性であるため幅広い用途に適合します。

下地一つとってもいいところばっかりですね。

そして何より環境に優しいこともこれからの社会にはとっても必要なことだと思います。

 


北本市にて屋根塗装 タスペーサーの設置中です

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

本市にて屋根塗装です。

今日はタスペーサーの設置をしています。

 

そのそもタスペーサーと言っても何のことかわからないことがあると思いますが、縁切りという作業は聞いたことがありますか?

縁切りとは薄型化粧スレート屋根(スレート瓦)、商品名で言うとカラーベストやコロニアルの屋根の塗り替え時に必要な作業です。
どういうことをするかと言うと、従来は塗装後の一枚一枚引っ付いた屋根をカッター等で切っていくという地道な作業のことです。
これを簡単に正確に出来るようになっているのがタスペーサーです。
 
一言でいうと、タスペーサーによる縁切りいずれにしても屋根と屋根の間に隙間を作る作業だと思っていただけるといいでしょう。
 
そして、縁切りをする最も大事な理由は雨漏りを防ぐためです。
 
雨水は・強風時・大雨など想定外の雨が降ったときには構造上屋根材の下にも入り込むものです。
ですから入った雨水をどうやって排出するかが重要なのです。
縁切りが必要な薄型化粧スレートの屋根材は表面に溝があり、この溝は屋根材の下に雨水が侵入した際に排出します。

しかし屋根塗装をすることでこの溝を塗料でふさいでしまうことがあり、そうすると雨水の逃げ場がなくなるので屋根下地の腐食、ひいては雨漏りに繋がるのです。なのでこの隙間を作るためにタスペーサーをしっかり入れ込んでいきます。
お家の構造でも簡単ではなくこういった少しの作業がとても大切です。
 
 
 

所沢市にて外壁の補修作業です

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

外壁の塗装と言っても欠かせないのが下地処理です。

なんでもそうですが下地が綺麗で初めて外壁も整います。

徹底した下地補修は、塗膜の耐用年数に直接影響する最も重要な工程になります。

お客様は案外下地補修のを気にしなかったりされることが多いのですが

特に私たちは気を付けて作業しています。

一言で下地補修と言っても、左官作業や大工作業など専門性が高い作業が必要となる場合も多くありますし、
補修も大掛かりになることもあります。

 

よく見ると大きな穴から小さな穴までたくさんあったり、壁のクラック、割れ、たくさん問題が見つかることがあります。

 

丁寧に補修していきます。

この様子もしっかり写真に収めていきます。

 

 

長時間、紫外線や雨風にさらされる外壁は経年劣化が避けられません。

外壁の場合、その劣化を見逃さず、適切な処理をしてから塗装することが重要です。

劣化の程度や素材によって異なる補修方法でしっかり対処していきましょう!

 

所沢市にて ガルバニウム鋼板塗装です

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

今日は屋根の塗装の様子です。

ガルバニウム銅板の塗装の様子です。

施工前です。

 

ガルバリウム鋼板とはは、アルミ亜鉛合金めっき鋼板のことで、アルミニウム、亜鉛、シリコンから造られているもののことです。

種類としては、熱を反射するもの、つやをおさえた質感のもの、汚れが付きにくいものなど、デザインや色も種類豊富です。ガルバリウム鋼板は、『ガルバ』と略称されることが多く、『ガルバリウム』と呼称されることもあります。

ガルバリウム鋼板屋根の塗り替え時期は一般的に約10年~15年が目安です。

ガルバリウム鋼板には塗装がされていないもの(素地仕上げ)と、されているものがありますが、一般的には塗装をされているものが多いです。

 

施工中です。

 

丁寧に下塗りを塗って行きます。

 

施工後です。

 

しっかりいい工事が出来ています!

 

入間市にて現地調査 中古住宅購入前のご相談です

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

入間市にて現地調査です。

今日のお客様は中古住宅購入前のリフォームのご相談です。

お客様の中で購入が決まっておられたり現在住んでいる家をそのまま購入される方がたくさんいらっしゃいます。

そのため住む前にあらかじめリフォームを済ませてお引越しされたります。

ただ前の方が居住していたり、しっかり現地調査ができない案件に関してはお断りさせていただくことがあります。

ただ大まかなプランや相談はいつでも受け付けています。

外壁・窓・庇や庭。

自分の好みに合ったいい環境を作ることは楽しいですよね!

間取りを良くしたい、家族構成の変化にあわせたい、収納不足を改善したい。高齢になっても暮らしやすくしたい。

設備をグレードアップしたい。

リフォームも年々進化しています!

 

さて今日はお客様の要望の外壁をしっかりチェックします。

 

 

上尾市にて現地調査 メンテナンスの相談です

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

今日はそろそろ外壁塗装を考えているお客様邸に現地調査に伺いました。

そもそもメンテナンスの時期というのははっきりここでというのは難しいですが

だいたいのお客様が10年をめどに考えられています。

そして、リフォームに関してもどこからどこまでという基準は果てしないものです。

 

メンテナンスは重なったら思い切ってしっかりリフォームすることを考えてみて下さ。

リフォームに時期を過ぎて怠ると美観を損ねるばかりか住まいの耐久性や使い勝手に大きな影響をもたらします。

早め早めの対応が住まいを長持ちさせることにもなります。

例えば、外壁塗装の塗り替えの際にひび割れを補修しておけば雨漏りを防げて内部の腐食防止に役立ちます。

外装に関しては瓦やタイルなど特に耐久性の高い素材を除けば15~20年ぐらいが塗り替えや葺き替えの対象になります。

内装もビニールクロスやフローリングは10~15年くらいで劣化が目立ってきます。設備機器はおおむね15年程度です。

あと機能の低下や使い勝手が劣っていると感じたらリフォームの時期です。

 

さあ、今日も頑張ります!

屋根傷んでます!綺麗にしましょう!

 


鴻巣市で足場着工 無機ハイブリッドチタンガードの現場です!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

鴻巣市にて新しい現場の着工です!

ここは当社イチオシの無機ハイブリッドチタンガードの現場になります。

 

 

無機ハイブリッドチタンガードとはあまり聞きなれないかもしれませんが

最も耐候性に優れる無機成分「オルガノポリシロキサン」と4フッ化フッ素の融合により生まれ、さらに「特殊チタン」を配合した次世代の塗料が無機ハイブリッドチタンガードです。

日本国内でも最も気象条件が厳しいとされる沖縄県宮古島の屋外暴露試験場(日本ウェザリングテストセンター)でナンバーワンの耐久性が認められるなど、優れた性能を発揮するハイグレード塗料です。

無機ハイブリッドチタンガードのすごいところは簡単に一言でいうと最大30年の耐用です。

説明はこれからどんどん上げていきますが、当社では見積の時点で「長持ちする塗料がいい」というお客様が殆どです。
長持ちする塗料なら無機というイメージです。

無機の塗料はたくさん出ていますが当社ではその中でもプレミアクラスの無機ハイブリッドチタンガードをお勧めしています。
なぜなら当社が工事をしていて一番信頼できる塗料だからです。

ただほんとにペイントラインの無機ハイブリッドチタンガードとは、どんな塗料なのか?実際長持ちするのかどうか信じられないお客様もたくさんいらっしゃいます。

これから仕上がりが楽しみです!

所沢市で外壁塗装 中塗り塗装中です!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

今日は元気に頑張ってくれている有馬君を紹介します!

所沢市で外壁塗装中で現在は外壁を塗装してくれています。

当社で長く勤めてくれており、腕も確かなシャイな職人です!

 

 

この白い部分が下塗り剤になります。しっかり下地を入れてそのあと上塗りを何回も塗って行きます。

リフォームはもちろん外壁だけではありませんが、住まいをしっかり長持ちさせたいなら早めの外壁メンテナンスをしましょう。

住まいを守ってくれる大事な外壁です。

外壁は塗料もたくさんの種類があります。

おかしなものや、悪質なものもあるのが現状です。

当社はしっかりとした素材と人材で一生懸命対応させていただきます。

塗った後にひどいようならしっかり塗り直しもさせて頂きます。

お客様との笑顔にとことん付き合うそんな会社でいたいといつも思っています。

 

~日本の家を守る~

松田 勇司

上尾市にて鉄部塗装です!トタン屋根

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

上尾市にてトタン屋根の塗装中です!

 

 

トタン屋根とは金属屋根の一種で、正式名称は亜鉛めっき鋼板葺きと言うそうです。

戦後から全国で普及しはじめ、現在主流のスレート屋根などがなかった時代に、

日本瓦に比べ材料が安く施工期間も短いため、1950年代の高度経済成長期に多く施工されていたようです。

雪国に多いと聞きますが埼玉県でも見られます!

 

トタン屋根の良い点は、日本瓦と比べると1/100の重量と軽いため耐震性が高く、積雪にも強い特徴があります。

また、継ぎ目がないため雨漏りに強く、緩勾配にも対応できるのも特徴です。

日本瓦だと瓦自体が重く、その上に雪が積もると、建物が崩壊する可能性があります。

トタン屋根の悪い点は、耐熱性能が低いところです。

夏場は屋根が高温になり、建物構造によっては室内がとても暑くなります。イメージとしてもそうですよね。

また、耐久性が低く、錆がでると一気に広がる特徴があります。防音性も低いので、室内にも雨音が響くことがあります。

 

トタンや鉄骨、庇などを鉄部を塗り替える上で、最も重要なのが錆や汚れを落とすケレン作業です。

ケレンが不十分だと塗料がうまく密着せず、すぐに塗料がはがれてしまいます。丁寧なケレン作業を行うことがとても大切なんですね!

丁寧にケレン作業をした後こうやってしっかり塗りこんでいきます!

 

 

上尾市にてベランダ・バルコニー塗装です!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

外壁塗装と一緒に、ベランダやバルコニーも塗装をしてくださいというお客様がたくさんいらっしゃいます。

ベランダやバルコニーは劣化を放置すると、雨漏りや老朽化の原因になります。

劣化する前にしっかりメンテナンスを行うことで、効果的に修繕にかかる費用を抑えることができます。

これらの箇所は美観性より防水機能を高めることが大切です。費用対効果が高く工期が短いFRP防水を当社はお薦めしています。

トップコートだけではどうしてもはがれやすく、1年たたないときに剥がれが見えてきてしまうことがあります。

下地の状況や場所によっても耐用は変わってきます。

なのでこのトップコートの部分だけに関しては保証外とさせていただいており、

FRPやウレタン防水に関してはしっかり保証をつけさせていただいています。

ですがトップコートだけでも、長持ちという点ではひっかかりますが仕上がりはとても綺麗です。

しっかり乾けば、気持ちよくベランダで洗濯物を干していただけます!

 

 

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
ペイントスタジオ上尾のお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材