埼玉県白岡市にて屋根リフォーム カバー工法の前のルーフィングを貼る作業の様子

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは!
もうすぐ7月も終わりですね~!
皆様、夏休みの予定はありますか?
私はお盆休みは子供と何して遊ぼうか考え中です~!

さて、埼玉県白岡市にて屋根リフォームを行っています。

今日は、カバー工法の前のルーフィングを貼る作業です!



カバー工法とは、
既存の屋根材の上にもう一枚屋根材を葺く「重ね葺き工事」のことです。

現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて覆う工事を指します。多くの場合、ガルバリウム鋼板の屋根材を使用します。
屋根葺き替え工事と比較して、それぞれメリット、デメリットがありますが、カバー工法を選ばれる方は「費用を抑えたいから」という方が圧倒的に多いです。




メリットは、葺き替え工事に比べて工期が短く、古い屋根材の撤去処分費用を省くことができます。更に屋根材が2重になることで断熱性や遮音性が向上します!


デメリットは、屋根の重さが重さが増すため軽量の屋根材に限られることと、下地の劣化が進んでいる場合は勧められません。




ルーフィングとは既存の屋根の上に貼る防水紙のことです。軒先から棟に向かって敷いていきます。その時に上下の防水紙を10cm前後重ねます。そうすることで、仮に屋根材の下に水分が入り込んでも屋内への浸入が防げます。






夏は屋根の作業が大変ですが、
暑い中、文句も言わずに一生懸命にやってくれています。
今日も安全・健康第一で頑張りましょう!


当社の自慢のスタッフ紹介はコチラからご覧ください(^^)/
 

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
株式会社ディアライフのお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材