埼玉県川口市にて外装リフォーム工事中 外壁上塗り、付帯部塗装の様子

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは!
最近風が強い日が多いですね。
強風だと屋根や外壁工事で作業をするときにとても危険ですよね。
スタッフには無理せず、安全第一で作業してほしいです。


埼玉県川口市にて外装リフォーム工事中で、外壁の上塗りと付帯部塗装の様子です。

外壁塗装の流れとしては、下塗り→中塗り→上塗りで、この上塗りが塗装の最終工程になります。
基本上塗りの前の中塗りと同じ塗料を使用していきます。
もちろん下塗り、中塗りも塗装の上ではとても重要ですが、最終工程である上塗りは人の目に触れる部分なので、綺麗に仕上げるために均一に塗装しなければなりません。

丁寧に塗装されていますね。







一般的に付帯部は外壁等を塗装するタイミングで一緒に塗装することが多いと思います。別々にやろうと思うと余計に費用がかかります。
外壁も付帯部も塗装をするのに足場が必要になってきますので、倍かかってしまうことになります。足場だけでなく、人件費も必要になりますので、同時にやってしまうことで費用を抑えることができます。
必ずしも外壁の塗装と一緒にやる必要はないかもしれませんが、外壁や屋根と同じように付帯部も経年劣化していきます。なので、ほとんどの方が外壁塗装のタイミングで補修や塗装をして見た目を綺麗にしたり、外壁の色と合わせて付帯部の色を変えたりしています。
付帯部の劣化を放置していると、建物自体にダメージを与えかねません。


破風板の塗装をするときは、だいたい屋根や外壁の色に合わせて色を選択します。
そうすることで統一感が出て、まとまった印象になります。



塗装した部分はツヤツヤ、ピカピカ✨ですね!



雨樋も綺麗に塗装されています。



付帯部も綺麗になると、家全体が明るくなりますね。
 

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
株式会社ディアライフのお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材