塗装の知識 屋根塗装 粘土系(瓦) 金属系(銅板)

今日は屋根の知識の続きです!

よく聞く瓦屋根(粘土系)
日本家屋などに多く使われている屋根材で粘土を使った焼いた物で釉薬(うわ薬)が塗られているものと、塗られていない無釉瓦に分けられています。
一般的には陶器瓦と呼ばれ、窯の中に入れて高温で焼き上げた瓦のことです。
釉薬瓦は塗装不可で無釉瓦は応相談になりますが、寿命が長く、色落ちがほとんどないです。汚れがひどい場合は洗浄したり、部分的に交換をしたりします。ズレや浮きがあれば、瓦を固定している屋根面の接合部の漆喰が崩れている可能性あります。コケや雑草を放置すると根から雨水を屋根に引き込む原因になります。
素材が重いので、地震などで崩れたりするととても危ないです。突風でとんだり、補修の相談も多いです。
ただ耐久性には優れています。メリットデメリットがここでも出てきますね。

次に金属系(銅板)
鋼板・鉄板・銅板・スズトタンなどまたいろいろな種類があります。
金属板は加工がしやすく施工性が良いことから複雑な形状やデザインのバリエーションが多いようです。最近では耐久性の高いガルバリウム鋼板が主流となり、
長期メンテナンス不要の商品も出てきているようです。
さびにくい金属として古くから使われていて、最も安くて経済的な屋根材です。銅は緑青が出て、緑色に変色すればそれ以降長期にわたって使用できます。接する素材との組み合わせで劣化が早くなると言われているのでそこは注意が必要です。また、錆が侵食すると最後は穴が開いてしまいます。

屋根もお家を守るのにとても大切な部分です。
当社は屋根の塗装をしない場合でもサービスで洗浄をお付けしています。

その際に屋根の痛みの部分等が見つかり補修することもあります。見えにくい部分緒屋根なのでその分メンテナンスはしっかりしていかないといけないですね。

 

私たちについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください
ペイントスタジオ上尾のお客様のへのお約束
  • ショールーム紹介 「見て!触って!体感!」しませんか?
  • イベント・チラシ情報
  • 価格表
  • 無料雨漏り診断
  • おすすめの商材